ウォーターポンプのキャビテーションの仕組み

痩せるためにダイエットをしている人も多いかもしれません。効率よくダイエットしたいという場合、キャビテーションという施術を受けてみると良いでしょう。エステサロンで行われているキャビテーションエステはラジオ波の一種であり、特殊な超音波によって脂肪細胞を破壊することができます。脂肪脂肪を細かく砕くことができますし、体外への排出をサポートしてくれるということです。しかし、キャビテーションだけだと脂肪が体内に残ったままになってしまいますし、キャビテーションだけでなくマッサージなどを組み合わせることになります。ウォーターポンプは液体を送ることに特化して設計されているポンプであり、気体を送ろうとすると空回り状態となっています。ウォーターポンプで気体を液体を送ることはできないということです。ちなみに、ウォーターポンプ内に気泡が発生してしまうことがありますが、この現象はキャビテーションと呼ばれており、ポンプ内部に気体が存在することで想定外の空回りが発生してしまいます。キャビテーションはウォーターポンプの液体自体が気化して気体が発生してしまうことが原因であり、外から気体が混入することで起こってしまう空回りとは区別されています。液体にはその温度に応じた飽和圧力というものがあり、飽和状態では液体と気体が同時に存在することが可能です。ウォーターポンプ内部で液体が飽和状態になってしまった場合、内部から気泡が発生することでウォーターポンプが空回りしてしまいます。